やっちゃいました。。バッテリ上がりです  



大阪に台風直撃したあとだったかな??
ガソリンスタンドで給油して帰ろうと思ったらエンジンが掛からない。。

ライト類は点灯してるけど、セルを回すだけの電力が供給されていない感じ。


うわぁ。。バッテリ上がりだ。。。
まだ乗って1年なんだけど?



いんや、原因の目星は付いている。











盆休み前に、ハイサイドさんで買い物してる時、帰ろうと思ったらイグニッションスイッチがオンのままだったんだよ。
約2時間程。


最初、やっぱりセルの回りが重たいなーって思ってたんだけど、その時はエンジンかかって帰ったし、その後も白川郷にも行ったんだよねー。

・・で、このタイミングでもうダメだった。


多分原因はこれ。
多分というかコレだな。




ガソリンスタンドでジャンパーをお借りしてセルを回すとちゃんとエンジン吹け上がる。
やっぱりかーって感じ。



*ジャンプスターターの使い方

右足元付近、エンジン左側、ちょうどタンデムステップのあたりにあるのがセルモーター。
ジャンプスターターのプラス(赤)をセルモーターのボルトに繋げて、マイナス(黒)をフレームにアースする。
そしてセルを回してエンジンがかかったら、マイナス(黒)を外してプラス(赤)を外す




とりあえず帰宅してバッテリーテンダーで充電


IMG_9997_R.jpg



まる1日充電してもダメ。


積み替えです。。





*ストリートグライドのバッテリーの外し方

フォブキーをもっといる状態で

1.左のバッグを外す
2.左側のサイドカバーを外す。
3.イグニッションキーをオンにしてハーレーのシステムを起動だけさせておく。(セキュリティーOFF状態)
4.先程外したサイドカバー内右側にある大きいヒューズ(メインヒューズ)を抜く。
5.イグニッションキーをOFFにする。
6・プラスドライバーでタンデムベルトを外してシートを外す。
7・2本のトルクスネジを外して、台座にはめ込まれているECMを外して台座を外す。(カプラーは外さない)
8・バッテリーにアクセス出来るん状態だと思うので、マイナス(黒)から外しプラス(赤)を外してバッテリーを取り出す。(大きいからめっちゃ重い!)





IMG_0127_R.jpg


これが取り出したバッテリー。
多分クルマに積まれている物と同じくらいの大きさ




新しいバッテリー。純正は約4万円、社外品は少し安いと言ってもそれに近い金額。




純正バッテリーは凄く持ち上げにくい形をしているから落とさないように気合です!!


取り付けるのはさっきの逆で元に戻していく。
プラスを繋げてマイナスを繋げる。間違えないようにね!


あと、メインヒューズを挿し直すのも忘れないように!
作業前に抜くのは、セキュリティーアラームを作動させない為。これをせずにバッテリーを外すとピーピーいう。・・らしい。

鳴らしたことが無いからどんな音か分からないから聞いてみたい気はするけど、鳴らないに越したことはないよね!




あとはエンジン掛かるか確認してから完全に元に戻しておわり!!










毎日通勤で乗っているといっても、定期的に充電したほうがよさげだね!














ちょうどこの頃、雨が続いたからバッテリーが届くまでの期間、社用車での通勤楽でしたハイw












みさお
関連記事

category: バイク

thread: Harley-Davidon - janre: 車・バイク

tag: FLHXS  ストリートグライド  ミルウォーキーエイト  M8 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://misao1204.blog.fc2.com/tb.php/309-db9729f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

Comments

月別アーカイブ

Category

・予約済み

・お気に入り